ZOOMで豪邸住まいの女優になります

9月です! まずまじめな報告!

7月の区との懇談会の議事録は原稿チェック通過待ちでございます! お待ちを!

そして特に前置きもなく本題!

ZOOMで運営委員会の季節がやってまいりました!

~前回の訪問連 運営委員会~

こういう時勢だ、今年度はオンライン研修をやろうじゃないか

有名なオンライン会議アプリ・ZOOMの扱いにみんなイマイチ自信がない

新技術に慣れるとっかかりとして次回の運営委員会はオンライン開催にしようよ

各自ZOOM使えるようにしといてね

……という展開がありました! そして運営委員会は来週(16日)に迫っています!

今回の記事は

『ZOOM でヴァーチャル背景を使えるようになり、好みの背景を入手できるようになるまで』

をお送りします! わたしとおんなじくらいの初心者向けの内容ですよー!

(ZOOMはタブレットでちょこっと友達と通話? してみたことがある程度です。

わたしの子供の方が友人たちとグループで話すのにうまく使っています……)

それではレッツゴー!

◆何でもいいからはじめようの巻

ZOOMはスマホやタブレットでも使用できます。

事業所のパソコンから研修にアクセスする方もいますよね。

私は今回、自宅パソコンから使えるようにと準備します。家族も使うしね……

webカメラを2000円台で購入。ディスプレイの上にクリップでこんなふうに止められます。

本体ちっちゃい。カメラ部は横5~6センチくらいじゃないかな。

そしてZOOM公式サイトでアプリをPCにダウンロード

メールアドレスを登録などしてアカウントを作ります。

……↑このへん割愛しますけど、ココがわかんない方は他人にお願いしちゃいましょう。

アプリをたちあげて、「新規ミーティング」アイコンをクリック。

これは誰もいない会議室に入るみたいな状態です。

とりあえず画面に自分がどう映るか確認できます。

〇ガチ自室ガチ部屋着ノーメイクでお届けします

はい……画面左側にいろいろ生活感が出てしまっています。

この写真での照明は部屋の明かりだけです。

写真の解像度が低いのでわかりづらいですが、リアルタイムに動画で見ると顔が暗く、目のクマとかしっかり映りますね。クマー!

採用した覚えがないのに数年前から目のクマが常勤になっている

あなた 非常勤だったじゃん

顔面の運営基準が改訂早すぎると思う

……ネットで

「女優ライト (鏡の四方を囲うような全方位に明かりが当たる照明) を設置すると顔映りがきれい」

という記事を読み

そんな記事ばっかりせっせと読む

マジ検索をかけてしまいましたが、5000円~って感じだったので見送ることにしました。

購入したい人は「女優ライト」とか「ZOOM ライト」で検索よ。

私は女優はいったん諦めまして、もともとあったパソコン横の蛍光灯スタンドをつけてみます。

〇照明あり(顔の右手に蛍光灯スタンド)

なるほど。ハレーション (光線が強すぎて画面がぼやけて白くなる現象)が強くて、角度によって

鼻が映らなくなったりしますが、お肌の疲れも映らないって奴……。

パソコンの画面はライトありの方が見やすいと思いました。

というわけで蛍光灯スタンドをつけて今後の作業をやっていきます。

◆ヴァーチャル背景を手に入れたいの巻

照明問題は一応の解決をみたものの、

「画面に映る生活感をなんとかしたい」

という問題をまだ残しています。

そこでZOOMには『ヴァーチャル背景』という機能があります。

画面に自分は映るけど、背景は別の画像を合成するものですね。

※androidケータイでは今のところヴァーチャル背景が使えません。

ところが、この機能をうまく使うには緑一色の壁を用意しないといけません。

この緑の壁を「グリーンスクリーン」というのですが、買うとお高い。そしてデカい。

そりゃそうです。自分の背後ぜんぶを覆うカバーですから。

どうする? どうしよう?

そうしたら「自分の背景を緑一色にする無料アプリ」をみつけました。

snap cameraというアプリです。こちらをZOOMと連動させる手順を写真で解説しまーす。

まず、snap cameraを公式サイトからダウンロードしてインストール

(ここは一般的なアプリのインストール手順と変わらないので割愛します)

カメラが接続された状態でsnap cameraを起動するとこんな画面になります。

〇snap cameraホーム画面

私の顔の画像の右下、赤丸で囲っているところに検索ウィンドウがあります。

(これがすごく小さくて見づらい……)

このウィンドウに「green screen」と入力して検索しましょう

〇green screen入手! (赤丸の中は検索ウィンドウ)

画面の下半分にズラッとグリーンスクリーン効果のある背景が並びます。

ちょっと画面全体をぼかす物、

目線を入れる物、

顔だけのアップにする物いろいろあるので好きなものをクリックして選びます。

ここではスタンダードなものを選びました。

すると上画面の私の背景が緑一色になりました。

(ちょっと頭の左上あたりの輪郭が不自然に削れていますが、照明がしっかり当たらないところがこんな風になるそうです。不満な人は女優ライト導入)

これでsnap camera内で私の画像は緑背景になりました。

次はZOOMとsnap cameraの連携です。

snap camera は起動したまま、zoomを起動です。

〇ZOOMのホーム画面

画面右上、赤丸で囲っているところの歯車マークをクリックします。

ZOOMの設定変更ボタンです。

〇こんな画面に切り替わります

この画面になったら、まず画面左側の赤丸部分「ビデオ」をクリック

→画面右側がこんな表示になるので右の赤丸「カメラ」というところをクリック

この画面の赤丸では「ELECOM 2MP Webcam」となってますが、

これを「snap camera」に切り替えられます。

すると……

〇緑の背景になりました

snap cameraアプリを通した画像がZOOM上で再生されるようになりました。

これで私の背景はZOOM上で緑一色!

ヴァーチャル背景を合成する準備ができました!

〇背景を変更しよう

画面左下の赤丸部分「ビデオの停止」ボタンの上向きの矢印をクリックします。

すると「カメラを選択」という項目が出てきますので、そこから「バーチャル背景…を選択」という項目を選択します。

〇背景は追加だってできる!

こんな画面になります。

画面左で「背景とフィルター」ボタンを押し、画面右下から背景にしたい画像をクリックして選択します。

公式が用意している背景画像はちょっとだけですが、画面右の赤丸で囲った+ボタンを押す→「画像を追加」という文字ボタンを押すことで、自分が保存している画像を追加できます。

ネットで配布されている画像を使用する際にはルールがさまざまにあります。(加工は駄目。二次配布は駄目とか)

改変しない画像を社内ミーティングや内輪の会議など私的利用するということなら、たいてい問題はないですが……

とりあえず「生活感ある自宅が映らなければいい!」という目的なら、ZOOM公式の画像を使えばいいでしょう。

〇ZOOM公式ヴァーチャル背景を使用した様子

ところで、一般企業もZOOM会議用の背景画像をいろいろ無料配布しています。

(使用上のルールは各公式サイトのインフォメーションを見てくださいね)

例を挙げてみます。

〇豪邸!

大塚家具公式ツイッターより。

この背景と女優ライトで豪邸に住む女優会議が成立する。

〇クーピー!

サクラクレパス公式ツイッターより

これはかわいらしい!

こんな感じでとりあえず生活感のない背景でハレーションにかがやきながら会議に出ることに成功しそうです!

(介護そのものの話題からちょっと脱線しますが) オン研修を運営できるようになるまでのよもやまは、これからも時々記事にしていきます!

それではみなさん行ってらっしゃい!

最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

copyright(C) Ota houmonkaigo association. All rights reserved

ソーシャルメディア:

  • w-facebook