訪問連だよりvol.32 にせものクマさんにご用心

日々の業務お疲れ様です! 今日もさくさくと雑談してまいります。

最近、お宅訪問すると玄関先に

「アルコールジェル」 「除菌スプレー」

といった物が置いてあって

「良かったら使ってちょうだい」

と声をかけられることがあります。

私たちは事業所から支給されたハンドソープとアルコールスプレーを 持参しているので基本はお借りしません。

それはそうと、ご用意されたジェルやスプレーのラベルを拝見すると…

詳しい成分表記がなく、黄色いギザギザのフキダシ(食品安売りのチラシでよく見る奴)に

「除菌」 「安心」 「日本製」

といった具体的なことを何もうたわない文言が並んでいる。

そんなケースを数件見かけております。

…うーん。私にはこれらの製品の質をその場で調べる術はありません。

なので、コロナウイルス対策としてこれらの品を購入された方には

「なにはともあれうがい・手洗いやマスク着用ですね」

といった無難な声掛けをしています…

これらの製品の効能についてはコメントを差し控えますが、

最近は

「ラベルの表記より大幅に低いアルコール濃度の洗浄剤を販売していた 輸入販売会社に消費者庁が行政処分を行った」

というニュースがありましたし、

新型コロナウイルスに対する予防効果を標ぼうする商品について、注意喚起が消費者庁より公表されています。

資料へのリンク

ともあれ。

今日は雑談。雑! 談! でございます。

ここからは昔のとんでもないおクスリ、ニセモノ薬の匠の技をご紹介。 頭の痛い現実をひととき離れてまいります!

まずは「ニセモノ薬」。

漢方薬の原料と言えば希少な物が少なくありませんが、その中でも

「熊胆」(ゆうたん)と呼ばれる熊の胆のうはとても貴重で、

消化器系全般の薬として珍重されています。

「くまのい」(熊の胆)とも呼ばれるものです。

クマさんをやっつけなければ入手できない原料だから希少! それゆえにニセモノが昔から盛んに作られていました。

イノシシ、カモシカ、サルの胆がニセモノ材料の定番。

これらの胆汁に薬草(リンドウ、オウレン、オウバクなど)などのエキスを混ぜて クマの胆のうに詰め込んだ物が粗悪品として出回っていました。

ニセモノをホンモノでパッケージするあたり、巧妙ですねぇ…

『釣りキチ三平』で高名な漫画家・矢口高雄作の『マタギ列伝』では

マボウザメの胆からニセ熊胆を作って私腹を肥やした者の子孫が

マタギの男(命がけで熊を狩る猟師です)に家の罪を告白する…

というエピソードがあります。

ニセ熊胆作りはそれだけ美味しい商売だったのでしょう。

現在では代替医薬品もある熊胆ですが、とても高価な漢方と言う地位は変わりません。

ニセモノ薬の次はトンデモ薬のお話。

古代は水銀が不老不死の秘薬として珍重され、飲んだりお肌に塗ったりして健康被害が出ていました。

それが毒であるとも知らず、薬を作っている方も服用している方も、 本気で薬効を信じているわけです。

水銀ゴクゴクは古代ですが、時は流れて江戸時代にもとんでもない物が 薬の材料として使われました。

それは『ミイラ』(エジプト産)。

〇ツタンカーメンさん「…マジで!?」

「打ち身や骨折箇所に塗る」 「虚弱や貧血にちっちゃく丸めたミイラを1日1~2回お湯で服用」 「気疲れ、胸痛、痰には酒やお湯と一緒に服用」 「毒虫や獣に噛まれたら粉末にして油を加えて塗る」 「妊婦が転んで気を失ったら炙りミイラの臭いをかがせる」 「食当たりはお湯で、二日酔いは冷水で服用」

とまさに万能薬。つっこみ処が多すぎて何から言ったらいいんでしょう?

…塗り薬を飲み薬にしちゃマズいんじゃない!?

「食当たりはお湯、二日酔いは冷たい水で服用」って、

単にお腹が痛いときは白湯が優しいし 二日酔いの時に水は美味しいってだけじゃないのかな!?

「妊婦にゃ炙ったミイラがいい」の字面の強さ…!

…とにかく、薬用としてのミイラはオランダから日本へもたらされました。

ヨーロッパでは顔料や薬としてミイラに注目が集まり、15世紀頃からミイラビジネスが流行したのです。

人の遺体が腐敗せず残っている防腐処理に神秘的なパワーを感じたとか、

防腐処理に使った薬品に病気への薬効があると信じられたといったところが

「ミイラ、飲んでもイケる」と思われたゆえんと言われています…。

(ホンモノの古代エジプト産ミイラは希少なのでフレッシュ死体から即席ミイラを作って薬にしてもいたそうです。

「トンデモ薬のニセモノ」ってもう何が何だか…)

…この世のどこかに万病に効く薬がある。 それはすごく変わった材料でできているに違いない。 だから、珍妙な薬はよく効く薬…

よーく考えると論理が飛躍しているのに、不安な時はそこに気づけないのが人間なのでしょう。

た…正しい情報で健康を維持しましょうね! お互いに!

クマさんと古代エジプト人さんの安らかな眠りを祈りつつまた来週! 

今日の業務に行ってらっしゃい!

〇サポくんケアちゃん「いってらっしゃーい!」

最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

copyright(C) Ota houmonkaigo association. All rights reserved

ソーシャルメディア:

  • w-facebook